おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO

世界のレモン食文化​

レモンの消費量が多い地中海沿岸地方の食文化をのぞいてみましょう。

世界のレモン食文化​

世界の様々な地域で食べられているレモンですが、特に地中海沿岸地方では身近な存在です。​
イタリアのシチリアではレモンと言えば、どこの家庭の台所にも常備されているありふれた食材の1つ。またモロッコでは、タジン料理にも利用され、スペインのパエリアやタパス、ギリシャの煮込み料理などでもレモンがふんだんに使われています。

豆知識

塩レモンの発祥は?

塩レモンの発祥は?

日本でも話題となった塩レモン。その発祥はモロッコと言われています。またモロッコで塩レモンは万能調味料として使われているのです。

地中海のレモン料理の​ほんの一部をご紹介!

スペイン​

地中海のレモン料理 スペイン​

パエリアからサラダ、揚げ物に焼き物…情熱の国、スペインではとにかく、あらゆる料理にレモン果汁をかけます。

ギリシャ​

ギリシャではレモンはとても一般的な調味料。レモンを塩漬けにしたものを常備し、あらゆる料理の味付けに使っています。
またレモンソースでお肉を煮込んだ「レモナート」も有名です。

レモンの塩漬け
レモンの塩漬け
レモナート
レモナート

フランス​

地中海のレモン料理 フランス​

フランス南部、マントンの名物として知られるのは、レモンのお菓子「タルト・シトロン」。町中のレストランやカフェそして家庭の食卓にもそれぞれ自慢の手作りタルトが見られます。

イタリア​

食後酒として世界的に知名度の高いイタリアのお酒「リモンチェッロ」はレモンの皮を漬け込んで作られます。また、究極のレモン料理とも言えるのがイタリアのレモンサラダ。レモン果汁をかけるのではなく、なんとレモンをまるごと食べる料理です。

リモンチェッロ
リモンチェッロ
ベッカフィーコ
ベッカフィーコ
  1. ホーム
  2. 暮らしを彩る
  3. レモンミュージアム
  4. レモンを知る
  5. 世界のレモンの食文化