おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO

お客様満足のための取り組み

ポッカサッポロでは品質を維持向上し、よりお客様に満足いただける商品をお届けできるよう取り組んでおります。

お客様の声・ご意見

CS会議

お客様の声・ご意見は、開発、設計、製造から流通、販売と商品に関わる部署が参加する会議(CS会議)を定期的に開催し、情報の共有化を行っております。これら貴重なご意見を今後の品質改善につなげるよう取り組みを続けております。

開発

設計審査(デザインレビュー)

安全で信頼される商品をお客様にお届けするため、新商品の開発におきまして、商品の安全性評価をはじめ、適正な原料の選択、商品に関わる法規の確認など、関連部門が連携し、安全、品質に関する意見交換、評価を行います。

品質会議

品質向上に向けた技術的な課題の解決に向け、関連部門がさまざまな課題に対して、技術的な解決を図る場を定期的に設け、部門を越えた取り組みを行っております。

原材料

原材料の情報管理体制

原材料に関する品質、安全性情報は必要な情報を入手した後、システムを用いた一元管理を行っています。これにより、社内の情報共有と管理を確実にしております。

農薬の安全性について

残留農薬に関しては、原料メーカーから情報を入手するとともに、サッポログループと連動した検査体制もあわせ活用することで、より高い安全性の確保を目指しております。

原材料メーカーの監査活動

原材料の供給元のメーカーに対しては、安定した品質、安全な原材料の供給がされているか、ポッカサッポロが現地に赴き監査を行うことで、品質の維持・向上に努めております。

原料
原料

製造

食品安全システム

群馬工場は2016年にFSSC22000の認証を取得しており、その他工場においても順次FSSC22000の認証取得に取り組んでおります。

フードディフェンス

最近の食の安全をめぐる問題では、外部からの侵入や内部での混入などにも関心が高まっています。これに対し、工場への入退場を守衛やカメラ設置により厳しく制限したり、福利厚生制度を活用したコミュニケーションの活性化などを行うなど、お客様が安心できる工場の仕組みづくりにも注力してまいります。

トレーサビリティ

万が一、製品で事故が発生した場合、その製品や原材料が、いつ・どこで・どのように作られたのかを確認することは被害の拡大防止や原因究明に非常に重要です。このための仕組みも構築しております。

出荷判定

厳しい自社基準を設定し、その検査に合格した製品のみを出荷しております。

委託工場の監査活動

委託工場へ定期的に監査活動を行うことにより、品質の維持・向上に努めており、安定した品質の製品づくりにつなげております。

異物混入防止

工場に入る際は専用の服・帽子・靴を着用し、粘着ローラー掛けやエアシャワー通過などを行っております。また、製造では目視検査や異物除去工程を設け、最終製品においては各種検査機を用いた検査を行っております。これらの取り組みで製品に異物が入ることを予防しております。

防虫活動

出入口の扉を二重にすることで工場内に侵入する虫を予防するなど、虫の種類や工場設備に応じた対策を行っています。加えて、外部の専門業者と提携し、定期的な点検および改善活動を継続しております。

製造

食品安全システム

製造

異物混入防止

流通

適切な条件での物流

商品の品質を維持するため、商品特性に応じた期限及び温度・湿度などの条件設定で管理しております。

商品

表示等による情報提供

アレルギーなどお客様の健康に関わる情報の提供はもちろん、より楽しく選んでいただけるわかりやすい表示づくりに努めております。お客様のご意見により改善した例もございます。また、商品パッケージへの表示だけではお伝えしきれない情報は、ホームページを通じて発信させていただいております。今後もお客様のご意見をお聞かせいただきながら、改善を続けてまいります。

ご指摘への迅速対応

原因の追究と再発防止

お客様からいただいたご指摘を社内システムで迅速に共有し、機器分析などにより発生原因を特定しております。その後は再発防止につなげるとともに、次の商品開発へと生かしております。

ご指摘対応
ご指摘対応
お客様満足のためのサイクル
  1. ホーム
  2. ポッカサッポロについて
  3. 品質への取り組み
  4. お客様満足のための取り組み