おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO

仙台工場

仙台工場について

仙台工場について

仙台工場は、「カップ入りスープ」を生産しています。サッポロビール株式会社仙台工場内にあり、敷地内にはビール工場のほか、豊かな緑と水辺空間を生かしたビオトープ園、ドイツの民家をイメージした赤い屋根の仙台ビール園があります。

所在地 宮城県名取市手倉田字八幡310-1 サッポロビール(株)仙台工場内
設立 2019年8月28日
延床面積 3,200 ㎡
従業員数 33名(2019年8月28日現在)
製造品目 カップ入りスープ
ライン数 1ライン
生産能力 160万ケース/年 (1ケース24個入り換算)

※工場見学の一般公開はしておりません

製造の特長

仙台工場では、カップ入りスープを24時間体制で生産しています。

カップ入りスープ
混合工程

1混合工程

スープのベースとなる粉末原料をしっかりと混ぜ合わせます。

造粒工程

2造粒工程

小麦粉などの微細な粉末をそのままお湯に溶かすと「ダマ」ができてしまいます。
「ダマ」ができず、簡単にお湯に溶け、滑らかなスープになるよう、スープベースの粉末を顆粒状にしています。

充填工程 充填工程

3充填工程

徹底したクリーンな充填室内で、スープの粉や具材を1カップ分ずつ決められた量を量りとり、それぞれのカップに自動で入れています。その後フタをかぶせて熱シールで密封します。

包装工程

4包装工程

カップに透明フィルムをかぶせ、熱で収縮させてしっかり密着させます。フタがしっかりつけられているか、賞味期限の表示は鮮明か、中身の重量は適正かをチェック。

箱詰工程

5箱詰工程

段ボールに詰められた後倉庫へ運ばれます。

  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 工場のご案内
  4. 仙台工場