おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO

名古屋工場

名古屋工場について

名古屋工場について

名古屋工場は「キレートレモン」をはじめとする飲料製品と「ポッカレモン」「粉末スープ」などの食品製品を生産しています。脱酸素製法や交流高電界殺菌のシステムを備え、高品質な製品をお届けします。

所在地 愛知県北名古屋市熊之庄十二社66-3
竣工 1963年(昭和38年)10月
敷地面積 44,064㎡
建物面積 21,355㎡
製造品目 レモン製品、炭酸飲料、粉末スープ他
製造能力 約1,000万箱/年間
認証取得 「ISO9001:2015」取得 (2016年10月)
「FSSC22000」取得※(2019年6月)
※ISO22000:2018含む

※工場見学の一般公開はしておりません

沿革

1963年
愛知県西春日井郡師勝町(現:北名古屋市)で生産を開始
1972年
缶コーヒー ポッカコーヒーの生産開始
1988年
インスタントスープの工場が稼動
1999年
「じっくりコトコト煮込んだスープ」の生産開始
2001年
「キレートレモン」の生産開始
2002年
カップ入りスープラインが稼動
2014年
レモン新工場『名古屋工場 第三工場』稼動開始

工場での取り組み

ポッカサッポロフード&ビバレッジとサッポロホールディングス、名古屋工場が所在する北名古屋市の3者は、2012年に「連携に関する包括協定」を結びました。
これに基づき、北名古屋市内小学校で社会科授業の一環として、出張工場見学会をはじめ、アダプトプログラム活動として、工場周辺の清掃活動による環境美化に努めるなど、幅広い分野での協働を進めています。

北名古屋市小学校の社会科授業としての出張工場見学を実施

製造の特長

ポッカレモン100 70mlを製造しています。

充填

1充填

熱殺菌された調合液は空容器に充填され、キャッピングされます。

殺菌工程

2殺菌工程

キャッピングの後は、容器を逆さまにしてキャップを殺菌します。

賞味期限捺印

3賞味期限捺印

殺菌された製品に、賞味期限を捺印してシュリンクを巻きます。

シュリンク検査機

4シュリンク検査機

巻かれたシュリンクの状態を検査機にて全数チェックしています。

梱包

5梱包

容器の本数が正しく入っているか、段ボールの重量を全数チェックします。
定温倉庫に運ばれ製造日順に出荷されます。

  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 工場のご案内
  4. 名古屋工場