2022
おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO

活動報告 2022

2022 2021
2022年07月 沖縄県児童施設へ「沖縄ポッカシークヮーサー果汁100%」を寄贈
(右から)沖縄県こども生活福祉部の宮平部長、社団法人豊友会の新垣施設長、沖縄ポッカコーポレーション社長の本田、同社の亀田

沖縄ポッカコーポレーションは、地域の子供達への食育推進を目的に、沖縄県にある児童施設、学校給食、病院給食へ「沖縄ポッカシークヮーサー果汁100%」を寄贈しました。

7月1日に沖縄県庁で行われた児童施設向け贈呈式にて、沖縄ポッカコーポレーション代表取締役社長の本田より「子供たちにシークヮーサー100%を使用したメニューを是非楽しんでもらいたい」とお伝えしました。今後も、このような活動を通じて、沖縄の方々の健やかな食生活に貢献していきます。

「沖縄ポッカシークヮーサー果汁100%」とは

Social
(右から)沖縄県こども生活福祉部の宮平部長、社団法人豊友会の新垣施設長、沖縄ポッカコーポレーション社長の本田、同社の亀田
2022年06月 「ポッカサッポロの食育方針」を掲げ、食育活動を推進

食育月間にあたる6月に、農林水産省が提唱する食育基本方針の理念に沿い「ポッカサッポロの食育方針」を策定しました。

食育活動 - 地域への取り組み - 地域社会(Social)

当社では、これまでも多くの場面でレモンに関する食育活動(レモン教室など)を通じて、多くのお客様にレモンそのものが持つ価値や健康成分をお伝えしており、今後は「ポッカサッポロの食育方針」を掲げ、食育活動を推進していく事で、より多くのお客様の健やかな食生活に貢献していきます。

【食育活動の事例】

当社社員による食育の様子

レモンに含まれるクエン酸には、カラダに嬉しい様々なチカラがあります。例えば、カルシウムの吸収を助ける、疲労感を軽減する、減塩、などです。成長期の小学生に向けて丈夫なカラダ作りをお伝えする小学校出前授業や、生活習慣病予防の観点にて子育て世代・シニア世代に向けた食育セミナーを行うなど、レモンを通して、毎日の健康を支え、食生活を彩るお手伝いをしています。

ポッカサッポロのレモン教室

Social
2022年05月 「リボンちゃんとめぐる北海道179市町村」を北海道内の小学校などに寄贈
(中央右)北海道鈴木知事、(中央左)ポッカサッポロ北海道社長の黒柳

このたび、北海道民の皆様に、北海道の魅力をもっと知ってもらいたいという想いから「リボンちゃんとめぐる北海道179市町村」を2022年4月1日より発刊し、4月に北海道内の小学校や公立図書館に寄贈した事に続き、5月には札幌市内の中学校に寄贈しました。

「リボンちゃんとめぐる北海道179市町村」では、北海道の14地方(管内)別に、179の市町村全てを紹介しています。リボンちゃんが登場し、文章にはふりがなが付いているので、幅広い年齢の子供達に楽しく読んでいただけます。この本を読んだ子供達に、自分の暮らすまちだけでなく、北海道の他の市町村にも関心を持ち魅力を知る事で北海道をもっと好きになり、北海道から全国や世界に羽ばたく人財に育って欲しいという想いを込めて、お届けしています。

「リボンちゃん」の紹介

「リボンちゃんとめぐる北海道179市町村」
Social
(中央右)北海道鈴木知事、(中央左)ポッカサッポロ北海道社長の黒柳
2022年05月 「富士山麓のおいしい天然水」の一部にリサイクルペットボトルを採用
富士山麓のおいしい天然水 (525ml)

このたび、再生PET樹脂を100%使用した“リサイクルペットボトル”を「富士山麓のおいしい天然水」(525ml)の一部に採用開始(2022年4月製造、5月頃より流通)しました。2021年4月に発売した「富士山麓のおいしい天然水 リサイクルペットボトル・ハローキティ ラベル」に続く“リサイクルペットボトル”展開となります。

当社では、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)を意味する「ESG」に健康のHealthを加えた「H+ESG」経営を通じて、社会に貢献することを目指しています。飲料業界が掲げるボトルtoボトル(BtoB)促進に向けて、当社も中期目標として、2030年までに当社が販売するPETボトル商品の50%をリサイクル原料に使用していくことを目指し、持続可能な社会の実現に向けて環境保全活動に取り組んでいきます。

Environment
富士山麓のおいしい天然水 (525ml)
2022年04月 名古屋市の小学生に向けて、名古屋工場を紹介、ドラゴンズキャップを配布
(中央)名古屋市河村市長、(右)中日ドラゴンズ吉川社長、(左)当社・東海北陸営業本部長の渡辺

新学期が開始された4月、当社の本社がある名古屋市の小学生に向けて、以下取り組みを行いました。

名古屋市「小学生のためのお仕事ノート」に名古屋工場について紹介いただきました

当社の看板商品の一つである「ポッカレモン100」は、愛知県北名古屋市にある名古屋工場で製造しており、その様子を写真と共にご紹介いただきました。

【名古屋市「小学生のためのお仕事ノート」について】
名古屋市立小学校の3年生を対象に、社会科の副教材として使用(後援:名古屋市教育委員会)

新小学1年生にドラゴンズキャップを配布

当社は2020年より毎年春に、名古屋市、中日ドラゴンズと共に、名古屋市立の小学校と特別支援学校の新1年生を対象にオリジナルのドラゴンズキャップをお届けしており、2022年4月18日に本年の贈呈式を開催しました。

当社ではこれからも、創業地でもある名古屋エリアにおいて「健康づくり」「次世代育成」といったテーマを掲げ活動していきます。

Social
(中央)名古屋市河村市長、(右)中日ドラゴンズ吉川社長、(左)当社・東海北陸営業本部長の渡辺
12
  1. ホーム
  2. サステナビリティ
  3. 活動報告