キャンペーン キャンペーン キャンペーン キャンペーン キャンペーン
キャンペーン キャンペーン キャンペーン キャンペーン キャンペーン
おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO

special おれのボーナスプレゼント special おれのボーナスプレゼント

キャンペーン キャンペーン キャンペーン

応募締切:2020年2月29日(土) 24時まで 応募締切:2020年2月29日(土) 24時まで

  • ■キャンペーン対象商品

    全5品 ポッカコーヒー オリジナル/ポッカコーヒー 厳選微糖/北海道オリジン ブラック/北海道オリジン カフェオレ/北海道オリジン ミルクティー

    ※誠に勝手ながら、応募シールのついていない商品につきましては本キャンペーンの対象外とさせていただきます。

  • ■応募方法

    対象商品に貼付の応募シールをはがして、中に印字されたQRコードよりキャンペーンサイトにアクセス。シリアルコードを入力すると、その場で当たりを判定します。「当選」したら、プレゼント送付先をフォームへ入力。プレゼント到着までお待ちください。

  • ■キャンペーン事務局

    0120-070-094 受付時間:10:00〜17:00(土日、祝日、年末年始※12月28日〜1月5日を除く)

    ※一部の機種では接続できない場合がございます。
    ※キャンペーンサイトへの接続料及び通信料はお客様のご負担となります。
    ※詳しくはキャンペーン事務局へお問い合わせください。
    ※誠に勝手ながら、応募シールのついていない商品につきましては本キャンペーンの対象外とさせていただきます。

キャンペーン おれのおごり キャンペーン おれのおごり

キャンペーン終了 キャンペーン終了
  • ■キャンペーン事務局

    0120-070-094 受付時間:10:00〜17:00(土・日・祝日を除く平日)

History おれの歴史 History おれの歴史

ポッカコーヒーオリジナルの歴史

【1972年】190g缶コーヒーのパイオニア、ポッカコーヒーを発売。それまで喫茶店や家の中で楽しまれていたコーヒーを、いつでもどこでも気軽に楽しめる本格的な缶入りコーヒーにした「ポッカコーヒー」のコンセプトをもとに、若者達が集まって缶コーヒーを楽しんでいるイラストを採用しました。●上野動物園でパンダ・カンカンとランランが一般公開 ●沖縄が27年ぶりに日本に返還 ●元日本兵・横井庄一さんが約28年ぶりに帰国
【1973年】世界で初めてホット/コールド型の自販機を開発。初めて男の顔をキャラクターに使い、これがポッカコーヒーの原型となりました。●史上空前の人気馬ハイセイコー デビュー ●オイルショック ●セブンイレブン設立、ファミリーマート実験1号店開店 ●シルバーシート始まる
【1978年】缶のデザインをマイナーチェンジ。インパクトを持たせるためにロゴを大きくし、金の帯を配しました。この2年後、1分間に1200缶を製造するトップクラスの生産ラインが稼働しました。●「スペースインベーダー」大ヒット ●新東京国際空港(成田空港)開港 ●東京・原宿で「竹の子族」がブームに
【1982年】ポッカロゴマークの変更に伴い、缶のデザインを変更。現在に至るデザインの原型がこの時に確立されました。●東北新幹線、上越新幹線が開業 ●500円硬貨発行< ●ペットボトル清涼飲料水登場
【1987年】遠赤外線によるコーヒー豆焙煎技術を開発し、使用するコーヒー豆がおいしくなりました。また、男のモミアゲが短くなりました。●日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化、JRグループ発足 ●「ボディコン」が大流行 ●日本初の携帯電話(ハンディタイプ)誕生 ●バブル経済始まる
【1992年】男の髪形、表情が変わりました。髪をさらにカット。たらこ唇からすっきりした口元に変更、アゴのラインもすっきりと。●日本人初の宇宙士・毛利衛さん宇宙へ ●初の光磁気記録メディア「MD」(ミニディスク)の登場 ●新幹線 「のぞみ」運転開始時速270km 東京-新大阪が2時間30分に
【1994年】缶のデザイン、イラストのテイストが大きく変化しました。「ポッカコーヒー」のブランドを大きく斜体の英字で表現し、顔のイラストもよりすっきりと。●関西国際空港開港 ●日本人女性初の宇宙飛行士・向井千秋さん宇宙へ ●「プレイステーション」発売 ●米不足でタイ米緊急輸入
【1999年】缶コーヒーにこだわる姿勢を商品名にかざし、名称を「ポッカコーヒーオリジナル」に変更。●「AIBO(アイボ)」登場 ●童謡「だんご3兄弟」がブームに ●欧州通貨統合で「ユーロ」誕生 ●ケータイ「インターネット・eメール」開始
【2001年】商品名をカタカナ表記から英語表記に変更。“生まれ変わる”、“新しい”という思いを込めてロゴをリニューアルしました。●小泉純一郎首相内閣が始まる ●「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」開業 ●「iPod」 (アップル社)発売 ●高度道路交通システム「ETC」導入
【2004年】“強く、うまく!”より力強い味となったことで、商品名を「NEW-ORIGINAL」に変更しました。●20年ぶりに新札発行<br>樋口一葉は初の女性肖像となる ●「東北楽天ゴールデンイーグルス」誕生 ●「mixi(ミクシィ)」 サービス開始
【2006年】缶コーヒーの甘さ離れが進み、ポッカコーヒーも甘さ控えめに。コーヒー豆も浅煎りから中煎りのブレンドに変更し、コーヒー感を強めました。●WBCで王ジャパンが世界一に ●トリノ冬季五輪・女子フィギュアスケートで荒川静香が日本人選手初の金メダル獲得 ●甲子園決勝戦で37年ぶりの引き分け再試合 ●日本郵政株式会社発足
【2009年】コーヒー豆の焙煎度合いを上げ香ばしい香りをアップ。より味わい深いコーヒーへと進化しました。●裁判員制度スタート ●自民党から民主党へ政権交代 ●日本人の平均寿命(男79.29歳、女86.05歳)
【2013年】今回は環境に配慮したECOビード缶を採用することにより、意匠性アップ・新しさの付加を行いました。シンプルな配合にこだわり、素材の良さを感じることのできる、ポッカコーヒーオリジナルのおいしさは変わりありません。
  • 1972イメージ画像
  • 1973イメージ画像
  • 1978イメージ画像
  • 1982イメージ画像
  • 1987イメージ画像
  • 1992イメージ画像
  • 1994イメージ画像
  • 1999イメージ画像
  • 2001イメージ画像
  • 2004イメージ画像
  • 2006イメージ画像
  • 2009イメージ画像
  • 2013イメージ画像
  • 2019イメージ画像
  • 190g缶コーヒーのパイオニア、ポッカコーヒーを発売。
    それまで喫茶店や家の中で楽しまれていたコーヒーを、いつでもどこでも気軽に楽しめる本格的な缶入りコーヒーにした「ポッカコヒー」のコンセプトをもとに、若者達が集まって缶コーヒーを楽しんでいるイラストを採用しました。
    上野動物園でパンダ・カンカンとランランが一般公開
    沖縄が27年ぶりに日本に返還
    元日本兵・横井庄一さんが約28年ぶりに帰国
  • 世界で初めてホット/コールド型の自販機を開発。
    初めて男の顔をキャラクターに使い、これがポッカコーヒーの原型となりました
    史上空前の人気馬ハイセイコー デビュー
    オイルショック
    セブンイレブン設立、ファミリーマート実験1号店開店
    シルバーシート始まる
  • 缶のデザインをマイナーチェンジ。
    インパクトを持たせるためにロゴを大きくし、金の帯を配しました。この2年後、1分間に1200缶を製造するトップクラスの生産ランが稼働しました。
    「スペースインベーダー」大ヒット
    新東京国際空港(成田空港)開港
    東京・原宿で「竹の子族」がブームに
  • ポッカロゴマークの変更に伴い、缶のデザインを変更。
    現在に至るデザインの原型がこの時に確立されました。
    東北新幹線、上越新幹線が開業
    500円硬貨発行
    ペットボトル清涼飲料水登場
  • 遠赤外線によるコーヒー豆焙煎技術を開発し、使用するコーヒー豆がおいしくなりました。
    また、男のモミアゲが短くなりました。
    日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化、JRグループ発足
    「ボディコン」が大流行
    日本初の携帯電話(ハンディタイプ)誕生
    バブル経済始まる
  • 男の髪形、表情が変わりました。髪をさらにカット。たらこ唇からすっきりした口元に変更、アゴのラインもすっきりと。
    日本人初の宇宙士・毛利衛さん宇宙へ
    初の光磁気記録メディア「MD」(ミニディスク)の登場
    新幹線 「のぞみ」運転開始時速270km 東京-新大阪が2時間30分に
  • 缶のデザイン、イラストのテイストが大きく変化しました。
    「ポッカコーヒー」のブランドを大きく斜体の英字で表現し、顔のイラトもよりすっきりと。
    関西国際空港開港
    日本人女性初の宇宙飛行士・向井千秋さん宇宙へ
    「プレイステーション」発売
    米不足でタイ米緊急輸入
  • 缶コーヒーにこだわる姿勢を商品名にかざし、名称を「ポッカコーヒーオリジナル」に変更。
    「AIBO(アイボ)」登場
    童謡「だんご3兄弟」がブームに
    欧州通貨統合で「ユーロ」誕生
    ケータイ「インターネット・eメール」開始
  • 商品名をカタカナ表記から英語表記に変更。
    “生まれ変わる”、“新しい”という思いを込めてロゴをリニューアルしました。
    小泉純一郎首相内閣が始まる
    「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」開業
    「iPod」 (アップル社)発売
    高度道路交通システム「ETC」導入
  • “強く、うまく!”
    より力強い味となったことで、商品名を「NEW-ORIGINAL」に変更しました。
    20年ぶりに新札発行
    樋口一葉は初の女性肖像となる
    「東北楽天ゴールデンイーグルス」誕生
    「mixi(ミクシィ)」 サービス開始
  • 缶コーヒーの甘さ離れが進み、ポッカコーヒーも甘さ控えめに。
    コーヒー豆も浅煎りから中煎りのブレンドに変更し、コーヒー感を強めました。
    WBCで王ジャパンが世界一に
    トリノ冬季五輪・女子フィギュアスケートで荒川静香が日本人選手初の金メダル獲得
    甲子園決勝戦で37年ぶりの引き分け再試合
    日本郵政株式会社発足
  • コーヒー豆の焙煎度合いを上げ香ばしい香りをアップ。
    より味わい深いコーヒーへと進化しました。
    裁判員制度スタート
    自民党から民主党へ政権交代
    日本人の平均寿命(男79.29歳、女86.05歳)
  • 今回は環境に配慮したECOビード缶を採用することにより、意匠性アップ・新しさの付加を行いました。
    シンプルな配合にこだわり、素材の良さを感じることのできる、ポッカコーヒーオリジナルのおいしさは変わりありません。
  • 現代の味覚にマッチする味わいと、
    90年代の“顔”を現代的にアップデート
    コーヒー豆の配合量を10%※2増量することで、よりコーヒー感を感じられるコク、キレ、香りを実現。
    新時代に求められる味わいと”顔”つきに。

Line up 色んな俺 Line up 色んな俺

商品ラインナップ

ポッカコーヒー

1972年発売 日本で初めてのコーヒー規格の缶コーヒー

ポッカコーヒー オリジナル

ロングセラーブランドがオリジナリティを継承しながらも現代的に進化ポッカコーヒーの象徴である「顔」を押し出したパッケージと、コーヒー豆配合量10%増量※2することで、コク・キレ・香りがアップしました。

商品情報

ポッカコーヒー

ポッカコーヒー 厳選微糖イメージ画像

ポッカコーヒー 厳選微糖

厳選したコーヒー豆を使用した雑味がなく後味の良い微糖コーヒー。コーヒー豆配合量10%増量※2することで、コク・キレ・香りがアップしました。

商品情報
そのほかのポッカコーヒーのラインナップ
  • ※1 コーヒー規格とは「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」に基づき、内容量100g中にコーヒー生豆換算で5g以上のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むものを「コーヒー」と表示することができます。これを「コーヒー規格」と呼んでいます。
  • ※2 当社従来品比(2019年2月時点)
  1. ホーム
  2. ポッカコーヒー