おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO
2019年02月20日 商品・CM・キャンペーン

ロングセラー缶コーヒー“顔缶”が、新時代に求められる味わいへと進化
「ポッカコーヒー オリジナル」「ポッカコーヒー 厳選微糖」
2019年3月4日(月)より新発売

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社は、1972年発売から48年目を迎えるロングセラー缶コーヒー「ポッカコーヒー オリジナル」「ポッカコーヒー 厳選微糖」を刷新し、2019年3月4日(月)より新発売します。

現代の味覚にマッチする味わいと90年代の“顔”を現代的にアップデート

缶コーヒー「ポッカコーヒー」(1999年に「ポッカコーヒー オリジナル」と商品名を変更)は、1972年より当社の前身であるポッカコーポレーションから発売を開始しました。当時、コーヒーは喫茶店で飲むことが多かったため、喫茶店の本格的なコーヒーの味わいを目指し、さらには現在では一般的な190g缶コーヒーとして開発され、後の巨大な缶コーヒー市場のパイオニア的な存在として広まりました。今年で48年目を迎える缶コーヒー「ポッカコーヒー」は、“顔缶”の愛称で親しまれている男性の顔のイラストが描かれた缶パッケージ、コーヒー感と甘みのバランスのとれた味わいが楽しめるとして、長年多くのお客様にご愛飲いただいています。

新たな元号となる記念すべき本年、「ポッカコーヒー オリジナル」「ポッカコーヒー 厳選微糖」は、現代的な味わいとデザインへと進化をします。

当社で「ポッカコーヒー」の味覚について調査(※1)したところ、お客様は「ポッカコーヒー オリジナル」の味わいについて、甘さだけでなく程よい苦味のあるコーヒーの味わいを求めていることが分かりました。

時代の流れとともにイラストの男性の顔も変化を遂げてきた“顔缶”デザインにおいては、年間販売2000万函(※2)を超える年もあった1990年代の“顔缶”デザインに、お客様は強い印象やなじみを持たれていることが分かりました。

これらを踏まえ、これまでの味わいを保ちつつも、コーヒー豆の配合量を従来の商品より10%増量することで、よりコーヒー感を感じられるコクとキレ、香りのある現代的な「ポッカコーヒー オリジナル」の味わいへと仕上げました。パッケージデザインは、お客様の印象にもある1990年代“顔缶”に描かれたイラストをベースに現代的なデザインへアップデートしました。

「ポッカコーヒー オリジナル」とならび、当社の缶コーヒーの定番商品である「ポッカコーヒー 厳選微糖」もコーヒー豆の配合量を従来の商品より10%増量し、コク、キレ、香りがアップした味わいとデザインへと刷新をし、新たに発売します。

  • 1… 当社調べ:ネット調査 2018年7月 n=1,375
  • 2… 当社実績(旧ポッカコーポレーション)

商品概要

商品名
ポッカコーヒーオリジナル 190g缶
容量・容器
190g・缶
1ケース入り数
30本入り
希望小売価格
115円(税別)
エネルギー
39 kcal/100g
発売日
2019年3月4日(月)
発売地区
全国
商品特長
缶コーヒーロングセラーブランド「ポッカコーヒー」がオリジナリティを継承ながらも現代的に進化。お客様になじみのある1990年代“顔缶”に描かれた男性のイラストをベースにパッケージに刷新。コーヒー豆配合量10%増量することで、コク・キレ・香りがアップしました。
商品名
ポッカコーヒー 厳選微糖 185g缶
容量・容器
185g・缶
1ケース入り数
30本入り
希望小売価格
115円(税別)
エネルギー
19 kcal/100g
発売日
2019年3月4日(月)
発売地区
全国
商品特長
厳選したコーヒー豆を使用した雑味がなく後味の良い微糖コーヒー。コーヒー豆配合量10%増量することで、コク・キレ・香りがアップしました。
  1. ホーム
  2. ポッカサッポロについて
  3. ニュースリリース
  4. 2019
  5. ロングセラー缶コーヒー“顔缶”が、新時代に求められる味わいへと進化 「ポッカコーヒー オリジナル」「ポッカコーヒー 厳選微糖」 2019年3月4日(月)より新発売