おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO
2017年05月01日 会社情報

インドネシアにおける飲料製造工場
ポッカ・ディーマ・インターナショナルの工場が稼働開始

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社の子会社であるポッカコーポレーション・シンガポール(CEO:立山 正之)は、インドネシアのPT DIMA INDONESIA(以下DIMA社)と設立した合弁会社PT.POKKA DIMA INTERNATIONAL(以下PDI社)の飲料製造工場が2017年3月末に竣工し、4月より本格稼動、4月末より出荷を開始いたしますので、お知らせします。

当社は1977年に飲料業界に先駆けて、海外生産拠点ポッカコーポレーション・シンガポールを設立いたしました。同社はお茶や果汁飲料、缶コーヒーなどの飲料を製造し、シンガポール国内のみならず世界60カ国以上で販売しており、サッポログループおよびポッカサッポロフード&ビバレッジの海外飲料事業の拠点として、東南アジア諸国を中心に積極的に事業拡大を図っています。

インドネシアにおいては、これまでDIMA社が販売代理店としてPOKKAブランドの茶系飲料や果汁飲料などを販売してきましたが、経済成長が著しいインドネシアの飲料市場の中で競争力をよりいっそう強化するためには、インドネシア国内で製販一体となった事業展開を図ることが望ましいと判断し、長年のパートナーであるDIMA社とともに、2015年に合弁会社PDI社を設立し、このたびの飲料製造工場設立に至りました。

PID社・スバン工場外観

PID社・スバン工場外観

生産ラインの様子

生産ラインの様子

稼動開始した工場では、350ml~500mlサイズのPETボトルにお茶や紅茶、果汁入り飲料などを充填できるPETボトル充填ラインを1ライン導入しており、当初は主力商品となる「450mlジャスミングリーンティ」「350mlレモンブラックティ」といった茶系飲料を中心に製造します。
今後は市場のニーズに合わせて商品を展開していきます。

新工場の稼動を機に、今後ますます拡大が見込まれるインドネシアの飲料市場においてPOKKAブランドの清涼飲料事業の基盤を構築し、東南アジアおよびその周辺国へのプレゼンスを高め、海外飲料事業のさらなる成長を目指してまいります。

新工場の概要

名称 PT.POKKA DIMA INTERNATIONAL
所在地 Kampung Jabong I Dusun III RT.41/RW.06,
Desa Curugrendeng Kec. Jalancagak, Subang, Indonesia
工場長 大林 達弘 (製造担当取締役)
従業員数 74名
敷地面積 6.4万m2   建物面積: 3400m2(製造)/3400m2(倉庫)
製造品目 お茶、紅茶、果汁入りドリンクなど
生産能力 350ml~500mlPET=400本/分、 年間500万ケース
総工費 2000億 Rp. (1Rp.=0.009円換算で 約18億円)
  1. ホーム
  2. ポッカサッポロについて
  3. ニュースリリース
  4. 2017
  5. インドネシアにおける飲料製造工場 ポッカ・ディーマ・インターナショナルの工場が稼働開始