おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO
沖縄のお茶といえばさんぴん茶
沖縄のお茶といえばさんぴん茶

さんぴん茶の元祖「ポッカさんぴん茶」誕生ヒストリー さんぴん茶の元祖「ポッカさんぴん茶」誕生ヒストリー

Vol.4 手配り宣伝から海外ロケまで。販促・広告も超ユニーク。 Vol.4 手配り宣伝から海外ロケまで。販促・広告も超ユニーク。

沖縄らしい缶デザインにもこだわり、1993年、ついに日本初の缶入りさんぴん茶が完成。しかし、「家で普段飲むさんぴん茶は人に売るものじゃない」「売れるわけがない」「さんぴん茶は温かくして飲むのが普通。冷やしたらダメだ」とスーパーやコンビニのバイヤー、マチヤーグヮの店主たちの反応は冷ややかで、沖縄のことをわかっていないと叱られたことも。取り扱いも思ったようには伸びていかない。しかし、社運を賭けて開発した商品。ここであきらめるわけにはいかなかった。なんとか頼み込んで商品を置いてもらうと、オジーやオバーたちにはじわじわと売れはじめたではないか。「もっと持ってきてちょうだい」と、追加で注文が入るようになった小売店もちらほら出はじめた。そこで水田は、少しでも認知が上がればと、やんばるの古民家で撮影した、テロップVといわれる静止画像のテレビ CMを打つことに。また、空港で客待ちをしているタクシー乗務員にはさんぴん茶を無償で配り、口コミの宣伝効果に期待した。

その後、さんぴん茶の市場調査をしてみると、購買層は確かに高齢者が多いが、もし若者にもっと売れればヒットも期待できるとわかった。ならばもっとインパクトのある宣伝をと、地元女子高生を起用し1997年にテレビCM を放映。沖縄のわらべ歌“じんじん”を替え歌にし、「チャッチャッチャチャチャ~♪」というユーモラスな歌詞とチャイナ服姿で独特の振り付けをするCMは効果てきめん。お茶の間で話題になり、認知度は急上昇。それに比例して売上も飛躍的に伸びた。CMの話にはまだ続きがある。モデルの女子高生を再び起用してCMの続編を制作することになったのだが、「社長、大変です!CMモデルがスイスに留学してしまいました~(汗)」「なに~!?ええい、時代は世界だ!スイスまで行ってCMを撮って来い!」―――結局、制作・撮影スタッフ一行はスイスへ飛び、イタリア、ギリシャへと移動しながらCM撮影を敢行。沖縄サミット開催年でもあったことから、インターナショナルなCMはたちまち話題となり、ポッカのさんぴん茶は売れに売れたのだった。

元祖 さんぴん茶 やんばる東村の純水で仕上げたスッキリとした味わいで華やかな香りのさんぴん茶です。 商品情報はこちら
  1. ホーム
  2. さんぴん茶といえば沖縄ポッカ
  3. 沖縄のお茶といえばさんぴん茶
  4. さんぴん茶の元祖「ポッカさんぴん茶」誕生ヒストリー