おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO
沖縄のお茶といえばさんぴん茶
沖縄のお茶といえばさんぴん茶

さんぴん茶の元祖「ポッカさんぴん茶」誕生ヒストリー さんぴん茶の元祖「ポッカさんぴん茶」誕生ヒストリー

Vol.2 ついに日本初の「缶入りさんぴん茶」が誕生! Vol.2 ついに日本初の「缶入りさんぴん茶」が誕生!

「沖縄独自のヒット商品を開発して、業績を大幅にアップさせなければ!」。社運をかけた切実な想いから、水田は精力的に缶飲料を開発していった。シークヮーサーや玄米、ゴーヤードリンク、黒糖コーヒー、ミキなど、今でこそ見かける商品だが、当時はちょっと変わった“県産モノ”として見られ、それなりに評価はされるものの、マニアック過ぎてなかなか売れなかった。その頃、沖縄で売れていたのはウーロン茶。「本土では売れなかったジャスミンウーロン茶を沖縄で売ったら、意外と売れた。こういったさっぱり系のお茶のニーズがあるのか、と発見でしたね」。

ヒット商品を模索する中、水田が尊敬するポッカコーポレーション創業者で、日本で初めて190g缶コーヒーを作り、HOT & COLD自販機を開発した谷田利景さん(前ポッカコーポレーション取締役会長)がプライベートで沖縄を訪れ、「沖縄では食堂でもどこでも、大きなやかんでさんぴん茶がよく飲まれている。みんなが飲みなれたものを商品化したらどうか」。とアドバイスをくれたこともあった。「確かに沖縄にはうっちん茶、グァバ茶、月桃茶などのお茶もあり、その中で家庭でも一番に飲まれているのはさんぴん茶だった」。天ぷらやチャンプルー、豚肉料理、脂っこい沖縄料理のお供に、さっぱりとした口当たりのお茶が欠かせない存在で、生活に溶け込んでいる。いけるかもしれないと思った。

広島出身の水田にはなじみがなく、飲むことも少ないお茶。「緑茶で育った我々には、さんぴん茶はクセや苦みを感じるが、それがおいしさの特徴でもあり、おもしろいと感じた。私がウチナーンチュだったら逆に商品化はしなかったかもしれない」。

当時の本社の反応もおもしろい。沖縄ポッカが売上を伸ばすためなら、可能性のある新製品はチャレンジしろとイケイケドンドンの時代。「『さんぴん茶を出します』と報告したら、中身は何が三つ入っているんだ?」と質問が。「さんぴん茶」を「三品茶」と勘違いしていたという笑えるエピソードだ。当時、本土ではウーロン茶以外の中国茶の知名度が低く、ジャスミン茶である「香片茶(シャンピエンチャ)」がほとんど知られていなかったことが、この問答からもよくわかる。

元祖 さんぴん茶 やんばる東村の純水で仕上げたスッキリとした味わいで華やかな香りのさんぴん茶です。 商品情報はこちら
  1. ホーム
  2. さんぴん茶といえば沖縄ポッカ
  3. 沖縄のお茶といえばさんぴん茶
  4. さんぴん茶の元祖「ポッカさんぴん茶」誕生ヒストリー