おいしい!ひらめきがある POKKA SAPPORO
DAOKO
ラップシンガー

INTERVIEW

表現する上で意識していることは?

作品づくりは、自己表現だと思っていて、私はもともと自信がない自分の「穴を埋める」じゃないですけど、そのために表現を始めました。
それでいろんな人と繋がったりして、音楽に救われてきたんですね。
だから表現するにあたっては、この表現ならいろんな人に「届く」、「響く」ことや、表現の「美しさ」を意識しています。
受け取り方は人それぞれでいいので、その人なりの解釈で希望や光になれればいいなと思っています。

歌詞づくりにおけるこだわりは?

日常的に言葉をつづるなかで、自分なりのテンポやリズムを大事にしています。書くときに自分の気持ちいい語感だったり、好きだなって言葉だけをギュッと集めて歌詞にしています。常日頃から好きな言葉をストックして、曲に合う色合いを持った言葉を直感的に繋げて書いていますね。

制作の過程で行き詰まることは?

ありますね。浮かばない時は浮かばないし、でもそれは人間なんで仕方ないなって思ったり。そんな時は違う表現方法を試します。例えば、歌詞を書きたくない時は絵を描いたりすることで、自然とバランスをとっている感じ。あとはいろんな人と話しに行って「この人のこの言葉よかったな」と閃いて、メモしたり。

その切り替えは意識してやっている?

そうですね、意識してはやめに切り替えます。閃き重視なので、気分が乗っていないといいものは生まれづらいというか。音楽や表現って楽しいもの、自由であるのが本当の姿だと思うので、あまり苦しまずに生めるのがいいなと思います。

表現者として「こう生きたい」というのは?

表現って旬があると思っていて。今いいなと思うのが変わって行ったり。今いいなと思うものを鮮度が高い状態で届けたいなと思います。
自分の性質的に、常に何かをつくり続けていた方が、精神上いい状態なので、そのリズムを壊さないためにも、常に旬を届けていくというのが、自分のスタイルにあっていると思うんです。ジャンルもいろんなジャンルを取り入れたものなので、あまり形式がないっていうのがあって。今は音楽をCDパッケージングしなくても、すぐ届けられる環境なので、今の時代にもあっているのかなと思います。

今後の目標は?

表現をやりたくなくなることはないと思うので、何歳になっても、自己表現をやりつづけたいし、そこに携わってくれている人、お世話になっている人、衣装、メイク、バンドメンバー、プロデューサーと一緒に、最高の表現をやりつづけていきたい。それが多くの人じゃなくてもいいけど、可能性がある限り、深く届けばいいなって思っています。

KANON HIRATA 写真

PROFILE

DAOKO

15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012年に1st Album『HYPER GIRL ─向こう側の女の子─』を発売。以来、各種映画主題歌、挿入歌、C Mソングなどでも世界各国から大きな注目を集める。そして、2015年3月女子高生にしてTOY’SFACTORYから1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビュー。2018年には映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」主題歌『打上花火』(DAOKO×米津玄師)を担当。2019年からは新たにバンド形式でのライブツアーを行っている。

CAST

INTERVIEW
DAOKO
ラップシンガー

次世代カルチャーアイコン

INTERVIEW
YOYOKA
ドラマー

10歳のドラマー/シンガーソングライター

INTERVIEW
YUKIYO FUJII
声優

元・舞台照明、異色の声優

INTERVIEW
MARIN MINAMIYA
冒険家

探検家グランドスラム世界最年少記録保持者

INTERVIEW
KANON HIRATA
モデル

女子高生パリコレモデル

INTERVIEW
YUKA TANIMOTO
Forbes JAPAN 副編集長

世界の最先端を伝えるジャーナリスト

INTERVIEW
TOMOMI TAKANO
ボクサー

単身渡米のプロボクサー

INTERVIEW
MAMI
書道家

書道のイメージを覆す書道家

INTERVIEW
NORIKO TAKAHASHI
漁師

元・県職員、現・海の女

INTERVIEW
KIMIKO NISHIMOTO
アマチュア写真家

91歳のインスタおばあちゃん

以下のサイトから購入出来ます!

  • ポッカサッポロ ネットショップ
  • amazon
  • LOHACO
  1. ホーム
  2. キレートレモンダブルレモン・キレートレモン
  3. KANON HIRATA