「加賀棒ほうじ茶」は、金沢発祥の伝統的な焙煎方法を用いたプレミアムほうじ茶です。茶葉を丁寧な遠赤外線焙煎によって、表面を焦がさずに芯までしっかりと焙煎した浅炒りの“棒ほうじ”を使用しました。香り高い一番茶を増やすことで、さらに香ばしい上品な味わいに仕上げました。

急須 ※写真はイメージです

加賀棒ほうじ茶500ml ※写真はイメージです

加賀棒ほうじ茶275ml ※写真はイメージです

加賀棒ほうじ茶500ml 商品情報はこちら

加賀棒ほうじ茶275ml 商品情報はこちら

棒ほうじ茶とは

一般的にほうじ茶は茶葉を焙じて作られますが、石川県、特に加賀地方で広く親しまれているほうじ茶は茶葉の葉部分を取り除いた茎の部分を焙煎しており、全国的に「棒茶(棒ほうじ茶)」とも呼ばれています。ポッカサッポロでは、「棒ほうじ茶」のおいしさを追求するために、石川県の焙煎業者と協働で味覚作りを行いました。

ほうじ茶と加賀棒茶の写真 ※写真はイメージです

国産茎茶100%

「加賀棒ほうじ茶」で使用する棒茶(茎茶)は国産茎茶100%。ほうじ茶の要となる“上質な香ばしさ”と“コク”を引き出すために、碾茶(てんちゃ)の茎と、二番茶の茎をブレンドした国産茎茶100%を使用しています。

浅炒り焙煎

「加賀棒ほうじ茶」で使っている茎茶は、金沢発祥の伝統的な焙煎方法を再現した遠赤外線焙煎で、丁寧に時間をかけて浅炒りで焙煎しています。香ばしい香りと深みのあるコクが引き出された味わいが特長です。

低カフェイン

浅炒りで焙煎した茶葉を使うことで、通常のほうじ茶よりもカフェインが少ない設計ながら、香ばしい上品な味わいに仕上げました。 ※日本食品標準成分表2010のほうじ茶抽出液の基準値(100mlあたり20mg)比

ひゃくまんさんアイコン

FOOD ACTION NIPPON 国産食材を活用します by加賀棒ほうじ茶