• 商品情報
  • ストレス緩和素材GABAとは?
  • よくあるご質問

オフィスあるある投票やストレスMAXなスペシャルサイトが体感できる!

レモンティーにストレス緩和素材であるGABA(ギャバ)を加えて仕上げた「機能性表示食品のストレス社会解放応援レモンティー」です。ほっと温まりながら、デスクワークに伴う一時的精神的ストレスを緩和することができます。※ HOT&COLD どちらでもお楽しみいただけます。

【機能性表示食品】

機能性関与成分:GABA 28mg(1本当り)

●「デスクワークに伴う一般的な精神的ストレスを緩和」のサポート

● レモン果汁1%のレモンティー

【届出表示】

本品にはGABAが含まれています。GABAにはデスクワークに伴う一時的な精神的ストレスを緩和する機能があることが報告されています。

※本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

届出番号:A288

食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

ストレス緩和素材GABAとは?

GABA(γ-アミノ酪酸)

野菜や果物、穀物に多く含まれるアミノ酸の一種で、人の体内では神経伝達物質として重要な働きをするアミノ酸です。GABAを摂取すると交感神経が抑制され、副交感神経が働く状態になり、リラックス状態になるといわれています。
GABAにはデスクワークに伴う一時的な精神ストレスを緩和する機能があると報告されています。

GABAのメカニズム

GABAを摂取すると、交感神経が抑制され、副交感神経が働く状態になり、リラックス状態になるといわれています。GABAにはデスクワークに伴う一時的な精神的ストレスを緩和する機能があります。
背景

よくあるご質問

  • 機能性表示食品とは何ですか?

    機能性表示食品とは、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。
    ※特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品とは異なります。新しい食品の機能性表示制度です。

  • 特定保健用食品(特保・トクホ)とは何ですか?

    特定保健用食品のことで、一般的に「トクホ」と呼ばれています。特定保健用食品は身体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分を含んでいて、特定の保健の目的が期待できることを表示できる食品で、個別に生理的機能や特定の保健機能を示す有効性や安全性等に関する科学的根拠に関する審査を受け、消費者庁長官の許可を受ける必要があります。

  • トクホと機能性表示食品との違いを教えてください

    トクホは安全性や有効性について国の審査を経て許可されるものです。
    機能性表示食品は、届出制で国の審査はなく、企業の責任で機能性を表示するものです。

  • この商品の特長は何ですか?

    本品にはGABAが含まれています。GABAにはデスクワークに伴う一時的精神的ストレスを緩和する機能があることが報告されています。ストレスを抱えながら日々頑張っている成人の方におすすめです。

  • いつ飲めばいいですか?

    個人差はありますが、ストレスを感じた時に飲むと効果的であることが報告されています。GABAの吸収は早く、30分以内で体内に吸収されているというデータがあります。このため、ストレスを感じたときに摂取していただくのが効果的です。

  • 1日の摂取量の目安が決められているのはなぜですか?

    機能性表示食品においては、安全性と有効性を考慮し、機能性関与成分(当該商品においてはGABA)の量から1日の摂取量の目安を表示するよう、義務付けられています。

  • 妊産婦(妊娠を計画している人も含みます)・授乳婦・未成年が飲んでもよいですか?

    本商品は健常な成人を対象に開発されている商品であるため、妊産婦(妊娠を計画している人も含みます)・授乳婦・未成年の場合は事前に医師の指導、相談を受けた上で摂取いただくことをおすすめしております。

【1日当たりの摂取目安量】 1日1回1本(275ml)

【摂取上の注意】 多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。飲みすぎ、あるいは体質・体調により、おなかがゆるくなることがあります。

【摂取の方法】 お食事の際にお飲みください。

●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

●本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。

●疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。

●体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

機能性表示食品にかかわる情報開示・届出